長距離移動の時には【低料金で乗車できる夜行バスを利用する】

注意すべきこと

車内

夜間バスを利用する場合には、メリットだけでなくリスクについても把握しておきましょう。「事故のリスク」です。テレビのニューズなどでバスの事故をなどがよく流れていますが、ああいう事故のリスクがゼロでないことは確かです。最近では、バス会社の運転士の管理や賃料値上げが行われ、運転士の安全運行への意識も確実に上がったいると言われています。電車や飛行機も事故がないわけではないですが、交通事故の方がやや確率は高いです。これは紛れも無い事実であり、夜行バスを使うデメリットの一つかもしれません。予約する前にはバス会社のことも簡単に調べて、ちゃんとした会社なのかを判断することをオススメします。運行本数とか路線実績を参考にすると良いのではないでしょうか。次に、夜行バスのデメリットとして挙げられるのが「早朝の到着」です。夜行バスは、「出発地にもよりますが、23時に出発し翌朝6時くらいに到着します。翌朝から有効的に時間を使えるメリットもありますが、早く着きすぎても場所によっては困ることもしばしばあります。泊まり先に荷物が置ければいいんですけど、そうでないとロッカー探す苦労があるかもしれません。例えば、スキーをする場合にも6時についても9時くらいまでずっと座って待ちぼうけになります。市街に6時に放り出されても何をすればいいかわからなくなることも多いです。飲食店など休めそうな場所はほとんど空いてないので、泊まり先などで休めるようにアポを取り対策することをオススメします。次に、夜行バスのデメリットとして挙げられるのが「寝れない」ということです。これは夜行バスの最大のデメリットですね。「座ったまま足を伸ばせない」「休憩のたび3回くらい点灯する」「周りの人はあまりうるさく無いが、物音は気になることが多い」など、こういった悪条件がほとんどの場合揃っているので、ずっと寝れなかったという人も多いと思います。しかし、最近では夜間バスを快適に過ごすことが出来るアイテムなどもあるので自身で用意しておくと良いでしょう。